依頼された仕事を
こなすだけの税理士には、
なりたくないのです。

  ベンチャー支援税理士法人が選ばれる理由

SCROLL

顧問税理士を持つということ

税理士とは、何をしてくれるものなのか?

税理士とは、会社の運営に関わる意思決定をお金の面からアドバイスをするという、経営者のパートナーとしての役割と、実際の税務会計業務を請け負うという業務を肩代わりしてくれる役割の二つがあります。では、税理士を使う、つまり顧問税理士を持つことで、なにが変わるのでしょうか。

  • その時に応じた資金の有効活用ができるようになる

    その時に応じた資金の有効活用ができるようになる
    投資するべきこと、今は投資しないほうがよいこと、抑えるべきコストを客観的に資金のプロという視点でアドバイスします。
  • 客観的に見た自社の健康状態を常時把握できる

    客観的に見た自社の健康状態を常時把握できる
    利益がでてきるからといって、会社が健全な状態かどうかはわかりません。健康管理のために毎年健康診断を受けるのと同じように、会社の健康状態を常に把握していち早く必要な手立てを講じるのが社長の仕事。税理士は毎月の情報共有と経営者との会話から必要に応じて必要な対策や要注意点をお知らせします。

税理士の上手な使い方

税理士というと「決算の時だけ必要なんでしょ?」という声をよく聞きます。
もちろん、決算は大変な作業なのでその時にプロに依頼するのもよい使い方だと思います。
でも、本当は常に会社の状況を知っていてもらうほうがよいのです。早い段階でその年の利益や損失が見えていれば、それだけ早く効果的な施策について意見を交わすことができます。上手に専門家を使えば、それだけ早く会社を成長させることができることになります。もちろん、会社は健康な時期ばかりではありません、うまくいかない時にはどうすればいいのか、うまくいっているうちに対策をしておくことがとても大切です。決算時期だけではなく、日頃からあなたのパートナーを良く知ってくれていて、真剣に向き合ってくれる税理士が、あなたにとって最高の税理士と言えます。