ベンチャー支援税理士法人について

起業するということは、それだけでも大変な勇気が要るものです。そして、会社が成長し人を雇い入れ、さらに成長していくために、経営者が考えなければならない課題は多岐に渡ります。私たちベンチャー支援税理士法人は、創業から成長期の経営者が、最も大切な事業にできるだけ集中し、安心して前進できるようになるための、専任カウンセラーのような役割を果たしたいと考えています。

安心して前進していくためには、経営のためのお金が必要になります。ベンチャー支援税理士法人では、お金のやりくりに困らない経営を目指す経営スタイルを『しっかり貯金経営』と名付け、「会社の通帳に1,000万円しっかり貯める!」をスローガンに掲げて経営者の皆さまを支援しています。

しっかり貯金経営を実践するために、お客様毎に担当する税理士を決めて毎月定期的な面談を行うことで、常に状況を共有して的確なアドバイスができるようにしています。そのため、サービスを提供する地域を品川区、目黒区、港区、渋谷区を中心とした城西・城南エリアとさせていただいています。

所属税理士のご紹介

大内 智

大内 智

ベンチャー支援税理士法人 統括代表

26歳の1997年に税理士登録。社会起業家の事業を具現化するべくNPO法人が法制化されると2000年にNPO法人に特化したNPO法人設立運営センターを行政書士、司法書士、社会保険労務士との合同事務所として西新宿に開設。その時の成果の一つが書籍『NPO法人運営・税務完全マニュアル』Jリサーチ出版。
2004年にはお金に困らない経営を支援していきたい思いからベンチャー支援税理士法人を立ち上げ「しっかり貯金経営」を立案し、”1,000万円お金を貯める”を合言葉に社長様とお会いする日々を送っています。

書籍

大内 智
大内 力
大内 力

大内 力

ベンチャー支援税理士法人 代表社員

法政大学法学部卒業後、大原簿記学校の所得税法科の講師として勤務しながら、税理士試験に挑戦し25歳で税理士試験に合格。その後、辻会計事務所((現)辻本郷税理士法人)において、中堅クラスの税務提案・税務対策業務に従事。
同社退職後、TKC税理士事務所の父親の税理士事務所に勤務。中小企業の業務に従事するようになる。退職後に勉強を始めた中小企業診断士の資格に合格し、東京都中小企業振興公社の経営・税務支援の相談員を担当。
また、青梅商工会議所や八王子商工会議所での創業支援の講師も担当。平成16年9月にベンチャー支援税理士法人を設立し、平成27年5月から東京商工会議所が進める事業承継・創業支援の東京都の4拠点の1つ、南センターの相談員として職務にも従事しています。

会社概要 / アクセス

平成16年の設立依頼、一貫して経営者を支えるパートナーとしてのサービスを提供してきました。主に品川区、渋谷区、目黒区、港区のお客様を中心にサポートしています。

設立
平成16年9月1日
代表
統括代表 大内 智、共同代表 大内 力
スタッフ
税務担当3名、会計担当8名、補助2名、総務1名、合計15名
資格者
税理士3名、中小企業診断士1名、行政書士1名
所在地
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-15-19 アイオス目黒駅前312号
JR目黒駅 東口徒歩1分
東口を出て、真っ直ぐ進み、ロータリーの左隅にある建物です。
営業時間
平日9時~18時(土日祝休み)
事前にご相談いただいた場合は夜間も対応可能です。
連絡先
電話: 03-5421-2545 / 0120-260-256
Fax: 03-5421-2546
Email: contact@venture-shien.jp