4つの力! 「稼ぐ力」を身に付けよう!(その5)

2022 / 10 / 28

起業・創業を支援する品川区の税理士・ベンチャー支援税理士法人が起業を検討する方に向けてのコラムです。

4つの力を身に付けて一生お金に困らない経営(「しっかり貯金経営」と言っています。)を我々は提唱しています。経営者になったら一緒に4つの力を身に付けよう!

(「経営に必要な4つの力」は、 ①お金を稼ぐ力 ②お金を守る力 ③お金を貯める力 ④お金を増やす力)

 
さて、今回のテーマは、「稼ぐ力を身に付けよう!(その5)」です。

しっかり貯金ができてお金に困らない経営をするために、最も大事なのが稼ぐ力です。

今回は、起業した会社の営業戦略について補足します。

戦略とは、会社全体における勝ち方のルールです。

戦略が間違うと、どんなに頑張っても利益がでないと言われています。

この戦略について、当社がお勧めしているのが「ランチャスター戦略」でした。

4つの力! 「稼ぐ力」を身に付けよう!(その2)で一部紹介しましたが

再度説明しますと、ランチェスター戦略には、強い会社が取り組む「強者の戦略」と

弱い会社が取り組む「弱者の戦略」があります。

営業における「強者の戦略」は、広域戦・確率戦の方法を採用することで

一方、「弱者の戦略」は、接近戦・一騎打ちの方法を採用することです。

 
起業した会社は営業においても「弱者の戦略」を実施します。

つまり、起業したばかりの会社の商品やサービスはまだまだ信頼がないため

できるだけ、一騎打ちで説明や商談できる方法の営業に進めるように考えます。

つまり、HPやSNSで広く拡散するだけでなく、自社の商品やサービスを説明するため

1対1になって説明できる機会を増やす方法を考えます。

最近は、ZOOMなどのオンライン面談の方法が定着したのでより、

1対1の営業が時間のロスが少なくできるようになりました。

あとはどのように一騎打ち戦に持ち込んで、商品の開発の背景や効果などを有効に説明できるかになります。

営業における弱者の戦略の理解は、資金面に大きく影響を与えるため、注意したいものです。

ベンチャー支援税理士法人との仕事に興味を持たれた方は、

ご気軽にお問い合わせにてご相談ください。