4つの力! 「稼ぐ力」を身に付けよう!(その1)

2022 / 06 / 16

起業・創業を支援する品川区の税理士・ベンチャー支援税理士法人が起業を検討する方に向けてのコラムです。

4つの力を身に付けて一生お金に困らない経営(「しっかり貯金経営」と言っています。)を我々は提唱しています。経営者になったら一緒に4つの力を身に付けよう!

(「経営に必要な4つの力」は、 ①お金を稼ぐ力 ②お金を守る力 ③お金を貯める力 ④お金を増やす力)

 
さて、今回のテーマは、「稼ぐ力を身に付けよう!(その1)」です。

しっかり貯金ができてお金に困らない経営をするために、最も大事なのが稼ぐ力です。

サラリーマンとして毎日働いていれば給料として入金されますが、起業した瞬間からお金が入ってくることはありません。

つまり、自分のもっているスキルを使って収入を得る必要があるわけです。

① お金を物に変えて、誰かに買って頂いてお金を増やすか

② 自分の技術や知識を、誰かに買って頂いてお金を増やすか

ということになります。

 
では初めに何に注意すべきでしょうか?

我々は、「小さな会社の儲けのルール」で有名なランチェスター式経営をお勧めしています。

ランチェスター経営の詳細については、ランチェスター経営㈱の竹田陽一先生にお任せしますが、

ポイントを説明すると

・経営力を分散すると成功する可能性は非常に低くなる

というものです。

 
起業するとびっくりするのが総務や経理という本業以外の仕事が結構あるということです。

働いているときは気が付かなかった周りの人のサポートですが、起業することですべてを自分で行うこととなります。

・会社に訪問者との対応・電話の応対の仕事

・会社に届くいろいろな書類を整理・管理・支持する仕事

・仕事の見積書を作成して、送付する仕事

・届いた請求書の内容を確認して、請求金に間違いがないか確認する仕事

・仕事の完了とともに、請求書を発行する仕事

・請求書に従って、入金があったことを確認する仕事

・お金の支払ができるか、資金繰りを考える仕事

・仕入先・外注先などに対してお金を支払う仕事 などなど

 
このように色々なことに時間がとられるのに、事業も分散していては成功する可能性はほぼなくなってしまうのです。

こんな簡単なことかもしれませんが、

スタートした小さな会社は間違いなくランチェスター経営の考え方からスタートしましょう。

これが、稼ぐ力のはじめの一歩です。

 
ベンチャー支援税理士法人との仕事に興味を持たれた方は、

ご気軽にお問い合わせにてご相談ください。