考えて!起業したら必要な役割分担とは?

2021 / 01 / 30

起業・創業を支援する品川区の税理士・ベンチャー支援税理士法人が起業を検討する方に向けてのコラムです。

今回のテーマは、「起業したら必要な役割分担とは?」です。

 
1人で起業する・複数人で起業するということを考えるにあたって、

企業における仕事について整理してみたいと思います。

経営は形がなくて見えないため、ランチェスター経営の竹田さんの考えを参考にまとめます。

経営を構成する大事な要因は、次の8つとなります。

1.商品の方針

2.顧客の方針

3.営業地域の方針

4.営業の方針

5.顧客維持・顧客対応(サービス提供)の方針

6.組織・教育訓練の方針

7.財務・経費の方針

8.時間の方針

となります。

これを仕事に置き換えてみますと、次のようになります。

1.商品の改良・見直し

2.新規・既存の取引先への営業

3.商品・サービスの提供

4.仕事の管理・役割分担・総務全般

5.財務・経理

6.仕事の管理

こんな書き方しただけでも沢山あるのです。

これらすべてを一人でおこなうことには限界があり、

複数のメンバーで創業が大事とも言えるのです。

 
特に、2の営業・3のサービスの提供に時間の大部分がとられ、

かつ、4.役割分担、5の財務関係の仕事に時間がとられてしまうと、

仕事で最も大切な1のサービス改善の時間が手薄になり、

競争力が徐々に下がっていくこととなります。

 
したがって、可能ならば2~3人で起業し、仕事の役割分担を決めて起業することが

将来に向けた成功となるのではないでしょうか?

 
これは個人的意見ではありますが・・・・